レーシック手術@丸わかりガイド

レーシック手術についてのポイントをご紹介!


レーシックのプロセス

まず、レーシックを受ける必要のある人としては、スポーツ選手や、警官、
電車の運転士等、仕事柄、メガネだと不都合な人が挙げられるでしょう。
他に、メガネだと仕事しにくい現場の人や、女性で、メガネをかけることに
抵抗を感じる人もいます。また、コンタクトレンズだと、日常のメンテナンス
の問題もあります。

こうした人たちにとって、レーシックは視力回復のために、とても有難い
ものとなるかもしれませんが、危険なのでは、と思う人も多いことでしょう。
しかし、日本でも、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると
共に急速に広がってきています。手術にはエキシマ・レーザーというものを
使用して角膜の中央部を削り、角膜の形状を変えることによって屈折率を変化
させ、視力を回復させます。

ただしだれでもレーシックが受けられるものではありません。レーシックは
あくまで手術による視力回復法のため、状態によっては、手術を受けること
ができない場合もあります。感染症になる危険性が高い場合や、レーシック
による効果が低い場合や期待が見込めない場合などは、レーシックを受ける
ことが出来ません。

ドライアイの症状がひどい人、妊娠中、授乳中の人、白内障・緑内障・網膜
はく離など、眼の病気がある人、なども受けることが出来ません。また、
20歳未満(病院によっては18歳未満)の人も受けることは出来ません。
このため、レーシックを受けようと考えたなら、信頼の出来る病院へ行き、
手術が受けられるかどうかよく相談する必要もあります。

[リンク]ツアーナースの仕事を見つける方法

ここだけはチェック!レーシック手術のポイント!

通常、レーシックは、我が国では公的医療保険の 対象となりません。このため、術にかかる費用は 実費負担となります。診療としては、自由診療になる のですが、最近急速に普及しているので、レーシック を行う眼科医、病院、クリニックも急速に増えています。 このため、それぞれの医療機関ごとで、費用はかなり 差があるのが現状です。   「費用はどれくらい?」のページへ