レーシック手術@丸わかりガイド

レーシック手術についてのポイントをご紹介!


レーシックで知っておくべきこと

レーシックの手術を受けても、しばらくして、元の近視に戻ってしまう
ケースもたまにあります。この原因ははっきりしないようですが、一つ
考えられることとして、強い近視の場合、角膜を多く切除することで、
残った角膜の強度が弱くなり、その結果、元々眼にある眼圧という圧力
によって角膜形状が変形してしまうことが原因では、とされています。

このため、レーシックは、強度の近視の場合は、完全な視力回復が難しい、
とも言えます。また人間の体は元の状態に戻ろうとする作用があるため、
術後、しばらくして元の近視に戻ってしまう、というケースもあるよう
です。これ以外、フラップ不良や角膜混濁、といった合併症が発症する
恐れもあるようですが、これは術後のケアに気をつければ防げるようです。

要は、医師の指示に従い、自身でケアを心がけることでしょう。その上で、
何か異常が起こった場合は、速やかに医師に相談することです。近視の
戻りの場合、再手術で直せるかどうかが問題ですが、これは、術後の
角膜の厚さによります。これも、医師に良く相談すればよいでしょう。

レーシックは、眼球に手を加える手術なので、下手をすれば、失明して
しまうのでは?という不安を持つ人もいるかもしれませんが、現在の技術
では、そのような心配はまず無い、と言って良いでしょう。ただ、あまり
過信せず、医者選びも慎重に行ったうえで、すべて医者任せにせず、術前、
術後の自分自身のケアなども怠らないよう心がけることも大切なのです。

ここだけはチェック!レーシック手術のポイント!

通常、レーシックは、我が国では公的医療保険の 対象となりません。このため、術にかかる費用は 実費負担となります。診療としては、自由診療になる のですが、最近急速に普及しているので、レーシック を行う眼科医、病院、クリニックも急速に増えています。 このため、それぞれの医療機関ごとで、費用はかなり 差があるのが現状です。   「費用はどれくらい?」のページへ