レーシック手術@丸わかりガイド

レーシック手術についてのポイントをご紹介!


レーシックの今後

レーシックは急速に普及していて、その技術も日進月歩です。現時点では、
後遺症、合併症、近視戻り、などの問題も多少はあるようですが、その
リスクも次第に軽減されていくことでしょう。現在、レーシックを行う
医院も増えていて、その信頼性、費用などもまちまちです。しかし、
今後は安い費用で本当に信頼できる手術が受けられるところも増えてくる
かもしれません。

結局、レーシックの先行きはまだまだ不透明なわけです。こうしたことも
知ったおいた上で、レーシックの手術を受けるべきかどうか、よく考える
必要があるでしょう。有名人がたくさんレーシックを受けているから、
というような、流行に乗るような感覚でレーシックを受けることは
考え物です。

最先端の視力回復方がレーシックなわけですが、勿論、他にも視力回復の
方法はいろいろありますし、昔ながらの視力回復法もあります。特に、
仮性近視の場合は、訓練で矯正することが可能です。軽度の近視などの
場合、すぐにレーシックに頼るのではなく、ほかに、身近なところから
始めることの出来る視力回復法を試すと同時に、それ以上近視が進まない
よう、日常の心がけを持つことも大事です。

今後は、価格競争から、逆に、レーシックの手術を行うのに、設備などの
問題で採算が取れず、逆にレーシック手術を行わなくなる医院も出てくる
ことが考えられます。現にアメリカでは、こうした実情になりつつあり、
レーシックの手術を受ける人が減少傾向にあるようです。このように、
市場としてみても、レーシックはまだまだ先行き不透明な現状なのです。

[リンク]外資系機械メーカーへ転職

ここだけはチェック!レーシック手術のポイント!

通常、レーシックは、我が国では公的医療保険の 対象となりません。このため、術にかかる費用は 実費負担となります。診療としては、自由診療になる のですが、最近急速に普及しているので、レーシック を行う眼科医、病院、クリニックも急速に増えています。 このため、それぞれの医療機関ごとで、費用はかなり 差があるのが現状です。   「費用はどれくらい?」のページへ